ワラビー!?。

”ぜんまい”?”わらび”?と区別がつかない人もいるようですが、わらびです。天気の良いうちにわらびを摘み取り下ごしらえをしました。春の山菜として有名なわらびは、施設をご利用されている方にとっては懐かしく、職員にとっては珍しい一品です。美味しい料理に備えて準備が大事。元調理員(ここでは現役)の方や料理好きの方にお願いしました。

お出かけして、収穫するのも楽しいみたいです。みなさん良く知っていますよね。
職員は、見たことない人も多いようです。食べられるということも知らない…。でも、施設のご利用者のみなさんは良く知っていて、話がはずみます。
料理の完成をイメージし、鼻歌で楽しくランラン気分で選別する。
食材への感謝の気持ちを忘れずにシュッシュと綺麗に洗う。
最初が肝心とドキドキしながら、根元から火を通してゆがく。
ワクワクしながら、みんなで見守りつつ楽しくゆがく。
湯がいたら出来栄えを、昔の身に付いた勘でビシバシとチェックする。
綺麗な色やとウットリ感動する。
オヤスミと、一晩、水に浸かりつつ冷蔵庫の中で眠ってもらう。

楽しい時間を過ごしましたが、本日、福井県は『福井県感染拡大特別警報』を発令しました。感染が拡大しており、今まで以上に注意しなければならない状況です。施設職員は、今まで以上にしっかりと対策をしつつも、入所者にとって楽しめる環境も必要になります。

なお、施設のコロナ対応については、お知らせでご確認下さい。

(お知らせはこちら)http://kogakunosato.jp/news/

カテゴリー

アーカイブ