新型コロナウイルス感染症の対応について。(4/16更新)

福井県は、本日(4月16日)福井県感染拡大警報から『福井県感染拡大特別警報』に切り替えました。※変異株の増加に伴いコロナ感染者が増えています。

福井県は、本日(4/16)『福井県感染拡大警報』から『福井県感染拡大特別警報』に切り替え発令しました。期間は『令和3年4月16日(金)から5月9日(日)』までです。

湖岳の郷では、『福井県感染拡大特別警報』の発令を受け、対応を一部変更しました。(4/16)

『福井県感染拡大特別警報』発令に伴う福井県の資料(PDF)2021.4.16 『福井県感染拡大特別警報』 福井県

日本各地で感染が再び増加しています。また、湖岳の郷と同じく、介護施設でクラスターも多く発生し感染者が増えています。今回、『福井県感染拡大特別警報』の発令を踏まえ、改めて施設に係る全ての皆様には、日頃の健康チェックと感染予防に努めて頂きますようお願い致します。引き続き、施設の対応にご協力下さい。特に、マスク着用の徹底にご協力ください。

湖岳の郷は、感染すると重症化しやすい高齢者が多く生活する場所です。クラスター発生を防ぐことが難しく感染に伴うリスクが高い施設であることを、今一度ご理解頂き、皆様のご理解ご協力をお願い致します。

コロナ感染症については、マスク着用や換気、手洗いや手指消毒の実施など基本的なことは感染拡大を防ぐ効果があります。

施設では、県などの通知を受け、職員のマスク着用の再徹底、換気による密の軽減、手洗いや消毒の実施など感染対策を実施し、施設長を中心に感染予防対策委員会による活動により、利用者様やご家族様が安心して頂けるように取り組んでいます。

新型コロナウイルス感染症に関する施設の対応について
★職員の対応★(4/16更新)

・マスク着用の再徹底・・・業務中は、利用者や他の職員と接するため、職員は常時マスク着用を徹底する。食事の際は、会話を控え、マスク着用を意識し、休憩時などやむを得ずマスクを外す際は、会話をせず、人数制限や換気をおこなう

・職員自身の体調管理・・・毎日検温し、健康管理(体調不良時や37.5℃以上で出勤を見合わせる)少しでも体調不良を感じる場合は医療機関の受診をおこなう

・施設へ入る前に・・・玄関で手洗いを実施。体温測定を実施し記録する(入口に体温測定機器設置済み)

・施設内において・・・利用者と関わる際など手洗いの徹底。アルコールによる手指消毒の実施。常時及び定期的な換気を徹底し密を下げる。

・不要不急の外出制限・・・感染拡大地域(緊急事態宣言、まん延防止等重点措置実施地域、県外など)をはじめ、不要不急な外出を控える。家族以外の複数人で会食をしない。やむを得ず行動せざるを得ない場合は、感染対策をしCOCOAアプリのインストールと行動履歴を記録。行動後は、一定期間の自宅待機。

・施設内の消毒・・・送迎や訪問で車両を使用した後は、毎回消毒。外部の方が触れる部分(玄関など)を中心に定期的な必要な場所の消毒

現在、出来得る予防対策を実施しています。ウイルスを持ち込むリスクが一番高いのは職員です。利用者と一番多く接するのも職員です。そのため、利用者や家族が安心できるように、全職種職員は感染予防に取り組んでいます。

★面会・利用について★(4/16更新)

※福井県の『感染拡大特別警報』が発令になったことを受け、施設内での面会禁止期間を延長とさせて頂きます。

面会禁止期間:特別警報発令期間の5月9日(日)まで。 感染状況によっては内容を変更する場合があります。

*当施設におけるワクチン接種日は、面会を中止します(ワクチン接種の体制に万全を期すためご理解下さい)(3/26追加)

面会が可能な場合における対応は下記の通りです〗

*可能日時:平日の14-16時(土日祝日、※面会禁止期間中を除く)

*滞在時間(10分まで)や、来所回数(1日1回)、ご利用時の人数(年齢関係なく入れる人数は1人まで)制限となります。

*来所できる方は感染者が出ていない市町の方(最後の感染者確認後2週間発症者がいない場合は可能)感染者が出ている地域や、緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の地域、県外の方など感染拡大地域の方はご遠慮ください。県外へ行かれた方や、県外から来られた方と接触した方については、1週間程度はご遠慮下さい。(福井県内の市町は、県発表の資料で判断)

*発熱(37.5℃以上)、風邪症状(咳、鼻水、のど症状など)、味覚異常、呼吸器症状など、いつもと体調が違う場合はご遠慮下さい。(いつもより熱がある、息苦しさがある、なんとなくだるい、など)

*業者からの荷物は玄関先で受け渡し、設備修理等でやむを得ず入る場合は、問診など施設職員同様の対応とし、利用者とのかかわりをさける

★施設へ入る場合に実施して頂くこと★(施設職員も実施しています)

①玄関から入る前に手洗い(石鹸でしっかりと)→②アルコールによる手指消毒(すり込みます)→③マスク着用(出来る限りご持参ください)→④体温計測(玄関設置の測定器で計測し、37.5℃以上はご利用不可)→⑤施設の問診票に記入(記載もれがある場合は再確認)

★お願い★(4/1)

*問診票の記入内容や、ご利用中に感染リスクがある行動と判断する場合、気になる点などがあればお声掛けをさせて頂きます。

*コロナ感染者や濃厚接触者、感染疑いの方と一緒にいた方、感染者が出た場所にいた方はご遠慮下さい。

*来所される方は、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールにご協力ください。

*施設滞在中は、マスクを外さないでください。(マスク着用が難しい場合(子供さんなど)はご遠慮ください)感染の症状が無い場合も必ずマスク着用はお願いします、

*ソーシャルディスタンスを意識して下さい。密になる場合は、移動やご退席をお願いする場合があります。

*滞在中の飲食は控えて頂き、利用者の目や鼻、口に直接触れないようにお願いします。

*滞在中、施設内のトイレの使用はご遠慮下さい。やむを得ず使用する場合は、事務所へと必ずお伝え下さい。

★デイサービス・ショートステイご利用について(4/16更新)

《家庭内感染に注意》感染拡大地域などからの帰省し、その後家庭内感染で広まるケースが見受けられます。家庭内でも感染リスクが無いように対策をお願いします。特に、デイサービスやショートステイをご利用されるご家庭についても、感染を広めるリスクがあり、施設へと持ち込む可能性があることをご理解頂きますようお願いします。

デイサービスやショートステイをご利用の場合は、ご利用者本人だけでなく、家族も毎日体温を測定するなど、体調管理に努めて頂き、少しでも発熱など体調に異変を感じる場合は、デイサービスやショートステイのご利用をご遠慮ください。ご利用者も含め、家族など関係者の中で、県外や感染地域を行き来された方がいる場合は、ご利用前に状態を十分にご確認下さい。家庭内において、PCR検査など対象となった方が居る場合や、コロナ感染の可能性がある場合、体調がいつもと違う場合は、ご利用前に必ずご連絡ください。(電話:0770-32-2082)

★その他★

上記内容及び詳細について、ご不明な点がございましたら、湖岳の郷(電話0770-32-2082)までお問い合わせ下さい。

グループホームと特養ホームは立地場所や設備が違う為、感染対策の基本(国や県などの通知を基本としています)は同じですが、一部対応が異なる場合もあります。なお、県や町など地域の感染状況に合わせて対応を変更する場合があります。(国や県からの通知を参考にしています。)

ワクチン接種という明るい話題もありますが、新型コロナウイルスが再び増えてきています。引き続き、入所者本人やそのご家族様が安心出来ますように、施設職員一人一人の対応をはじめ、ご家族様や地域の皆様の一人一人のご理解ご協力も何卒よろしくお願い致します。

★国・県・町からのチラシ★(4/5更新)

いよいよコロナウイルスのワクチン接種が始まります。65歳以上の高齢者は4月中旬からとなりますが、ワクチン接種の開始に伴い詐欺などの注意も必要になります。気を付けましょう。

 

★コロナに気をつけ、ココロもカラダも健康に★

コロナ禍では、高齢者の方々の外出する機会が減るなどにより、心身への影響がでています。そこで、厚労省では『地域がいきいき 集まろう!通いの場』としてweb上で、高齢者が気を付ける点などを公開しています。
高齢者の方の元気を支えるWebサイト(地域がいきいき 集まろう!通いの場) https://kayoinoba.mhlw.go.jp/