施設・事業所の施設内外は全面禁煙となりました。(4/1更新)

2021年4月1日より、法人内の全ての施設・事業所内外は全て禁煙となりました。

平素は、当法人の施設及び事業所をご利用いただき誠にありがとうございます。
さて、健康増進法の一部を改正する法律が、2020年4月1日から全面施行されております。
健康増進法の一部を改正する法律の趣旨としては、
「望まない受動喫煙の防止を図るため、多数の者が利用する施設等の区分に応じ、当該施設等の一定の場所を除き喫煙を禁止するとともに、当該施設等の管理について権限を有する者が講ずべき措置等について定める。」
となっております。
そこで、当法人は、特別養護老人ホーム、ショートステイ、デイサービス、グループホーム、居宅介護支援事業所を運営しており、受動喫煙を望まない皆様方、受動喫煙による健康影響が大きい高齢者の皆様方、また近隣住民の皆様方への配慮から、施設内に限らず法人内すべての施設及び事業所で施設内外全面禁煙を実施することにしました。
法人職員につきましては、2021年4月1日から施設内外全面禁煙及び就業時間中の禁煙を実施いたしますが、ご利用者・ご家族の皆様方、施設に来所される方におかれましても、2021年4月1日から施設内外全て全面禁煙とさせていただきますので、ご理解ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

社会福祉法人 美方福祉会
理事長 松本 德裕
施設長 川島 清志