いもじく

特別養護老人ホーム

ぶらり。

施設ではいろんな物がぶらりと揺れています。干し柿に混じって芋ほりで活躍した軍手がぶらり。リビングルームの天井に、入所者と職員手作りの飾りがぶらり。まだまだ施設内でぶらりしている物があるようですが…。 『すてき!』昨日収穫したさつま芋ものつるは、後日厨房で

特別養護老人ホーム

今日の夕ごはん。(一品)。

今日は、昨日練習した芋じく料理の本番の日。要領もわかり、管理栄養士と入所者で手際よく料理を進めていくことが出来ました。『戦時中を思い出す』と昔話をしつつ、笑いもあり楽しく夕ごはんの一品が出来上がりました。 『料理の香』

特別養護老人ホーム

トントン。じゅうじゅう。

準備も終わったし、夕ごはんのおかずに…。いもじくで一品。職員も味見をし『美味しい』と美味しく出来上がりました。隠し味は、春に入所者と手作りした山椒の佃煮です。  『じくうまい』①5センチにトントンとリズムよく切る。②下茹でし、じゅうじゅうと油で炒める。③

特別養護老人ホーム

じゃぶじゃぶ。

収穫したさつま芋のじくを、綺麗に洗って下処理。当たり前のことですが、料理するまでに、いろいろすることもあるんですよね…。では、よろしくお願いします。   『芋じく入浴中』