さつま芋

特別養護老人ホーム ショートステイ

今日の楽しい。美しい。美味しい。

今日。お花を。活けました。素敵なお花にうっとり…。どのお花をどこへ配置するか考え…。素敵なお花が出来ました。出来上がりの作品と一緒に、”写真を撮ってね”と催促されて”パシャリ”イイ想い出になりました。『春の花』なかなか一人では決められない。自分の思っている通りの

特別養護老人ホーム

じゃぶじゃぶ。

施設で収穫したさつま芋をスイーツに使用するために、さつま芋の入浴介助を実施しました。丁寧に、土を落として洗うと、本来の美しい輝きを取り戻してさっぱりとしていました。あとは、厨房で美味しいスイーツに華麗に変身するのを楽しみにしています。 『ランランラン♩』

特別養護老人ホーム ショートステイ デイサービス

今日のお昼ごはん。

今日のお昼ごはんは、今が旬のさつま芋で美味しくね。と、さつま芋を使った、豚肉とさつま芋の旨煮です。さつま芋のねっとりとした甘さがとても美味しい。豚肉も入っていてボリューム大。小松菜の辛子和えでピリッと料理全体も引き締まり美味しく食べられました。 『大谷原のさつま芋』

特別養護老人ホーム

ぶらり。

施設ではいろんな物がぶらりと揺れています。干し柿に混じって芋ほりで活躍した軍手がぶらり。リビングルームの天井に、入所者と職員手作りの飾りがぶらり。まだまだ施設内でぶらりしている物があるようですが…。 『すてき!』昨日収穫したさつま芋ものつるは、後日厨房で

特別養護老人ホーム

トントン。じゅうじゅう。

準備も終わったし、夕ごはんのおかずに…。いもじくで一品。職員も味見をし『美味しい』と美味しく出来上がりました。隠し味は、春に入所者と手作りした山椒の佃煮です。  『じくうまい』①5センチにトントンとリズムよく切る。②下茹でし、じゅうじゅうと油で炒める。③

特別養護老人ホーム

じゃぶじゃぶ。

収穫したさつま芋のじくを、綺麗に洗って下処理。当たり前のことですが、料理するまでに、いろいろすることもあるんですよね…。では、よろしくお願いします。   『芋じく入浴中』

特別養護老人ホーム ショートステイ

いも。

さつま芋の試し掘り。さつま芋の出来栄えを確認するために、少しさつま芋を掘り出しました。手ごろな大きさのさつま芋を見事ゲット。洗うと、宝石のように輝きます。また、さつま芋のツルも食べられるとのことで、収穫。『食べると美味しいで』と頭の中は食べることですでにいっぱい。 『芋づる綱引