干し柿

ショートステイ 特別養護老人ホーム

良いお天気。

今日は暖かく天気も良好。外を眺めつつ、先日作った干し柿の収穫をしました。これ以上だと硬くなるし…。と手に取り確認し、みなさんと一緒に食べてみました。”あまいわ””おいしいわ”と砂糖の甘みとは違う美味しい甘みに、みなさん納得。笑顔でむかし懐かしい味を思い出しながら食べました。

ショートステイ 特別養護老人ホーム

渋いより甘い柿。

渋柿はそのままでは食べられません。眺めていてもたべられません。念じても、お祈りしても、気合を入れても食べられません…。でも。不思議と干すと甘くなる。入所者の皆さんも昔、ご自宅で作っていたらしくて、作り方や家の柿の木の収穫方法など、詳しく聞かせて頂きます。そんなこんなんで、本日、

特別養護老人ホーム

ふたたび。

今日は、朝から良い天気です。青空が綺麗で、少し寒さを感じますが過ごしやすいです。施設の玄関では、ふたたび干し柿登場。デイサービスの皆さんをお出迎え。朝日を浴びて輝きを増しています。でも、食べごろになるまではしばらくお待ちくださいね。 『柿色』

特別養護老人ホーム

欲し~い。

干し柿の収穫です。『干し柿。早く欲し~い』と入所者と一緒に目を輝かせながら収穫しました。見た目は少し干しすぎたかな?と思える感じでしたが、ちょっと触ってみると軟らかくて美味しそう!!!!でも、今回は収穫までです。明日の文化交流祭で、提供するので食べてみましょうね。『しなしなウマ

特別養護老人ホーム

足音。

今日は文化の日。祝日ですが、施設はいつも通り営業中。午後から雲が多くなってきており、このまま雨モードに突入する気配を感じ。そんな時、トントンと足音が聞こえます。上を見上げると…。すずめが仲良く遊んでいました。施設の周囲は本当にすずめが多いです。そのまま施設の周囲をぐるり。干し柿

特別養護老人ホーム

芸術・食欲・運動の秋。

秋と言えば芸術の秋。もみじやいちょうで飾りつけ。切るのも貼るのも全集中。最後は笑顔で素敵な飾りが出来ました。『もみじの呼吸』ただいま編み物全集中。一度始めると夢中になって気が付けばお昼ごはんの時間に…。『手編みの呼吸』

特別養護老人ホーム

シェイプアップ。

天気良し。やや北風寒し。先日干した柿も裸の体でシェイプアップ。下からのぞかれ、横からのぞかれ、遠くから見られ近くで見られ…。恥ずかしそうに干し柿への道を歩んでいます。出来上がりが楽しみ。もう少しと、入所者も職員も窓から揺れている柿を眺めてる。『裸の柿心』♩

特別養護老人ホーム

ぶらり。

施設ではいろんな物がぶらりと揺れています。干し柿に混じって芋ほりで活躍した軍手がぶらり。リビングルームの天井に、入所者と職員手作りの飾りがぶらり。まだまだ施設内でぶらりしている物があるようですが…。 『すてき!』昨日収穫したさつま芋ものつるは、後日厨房で

特別養護老人ホーム

兄弟。

職員の検診も終わり。雨も落ち着きました。玄関横の干し柿。弟も増え順調に育っています。施設にお越しの際に、のぞいて見て下さい。 『甘くな~れ』

特別養護老人ホーム

♬♪♫。

本日、以前ご利用されていた方のご家族様から干し柿用の柿を頂きました。天気も晴れ、さっそく干し柿づくり。管理栄養士と入所者で楽しく作業。時々、介護職員や看護職員も参加。”プチアクシデント”もなんのその、無事に